メニューボタン
  1. HOME
  2. こども研究所とは?

こども研究所とは?

こども研究所とは?

未来のたまごの声を聴こう。

私たちは、子どもの声をほんとうに聴いているでしょうか。
子どもの姿をありのままに見ているでしょうか。
常識や思い込みにとらわれて子どもと接してはいないでしょうか。
子どもの無限の可能性を信じているでしょうか。
子どものありのままを見る。
未来をつくる子どもたちの声をまるごと聴く。
そうしたら、私たちは何に気づくのだろうか。
世界を、未来を、どう変えられるだろうか。
そのことを探求したいという想いから。
博報財団こども研究所、はじまります。

博報財団こども研究所の活動について

why?
なぜ、子どもの声を聴くのか?

未来の社会を築いていくのは、子ども。
子どもを知ることは、未来を考えること。
子どもを育むことは、未来を創ること。
子ども研究活動は、私たち自身の未来を創ることにつながる。
⇒博報財団こども研究所の真のゴールは、「未来創造支援」にあります。

how?
どうやって、子どもの声を聴くのか?

①Hearの耳
聞こえてくること、飛び込んでくることを感受する。
子どもの世界に入り、子どものまるごとを体験する定性調査。
②Listenの耳
意図をもって、狙いをもって、傾聴する。
子どもの心を構造的に分析する定量調査。
⇒博報財団こども研究所は、2つの耳で子どもの声を聴いていきます。

for what?
子どもの声を何に活かすのか?

子どもたちから聞こえてくる「声」は、
次の時代を担う生活者の不安や渇きであり、夢や意志。
それは、子どもを育てる親や先生、地域が
未来を考えるための、導きの星となるはずです。
私たちは、子どもを取り巻く大人たちと共に
「星」を探し出す活動を行いたいと考えています。
⇒博報財団こども研究所は、「子どもの声を、社会の財産に」する活動体です。

こども研究所 所長挨拶

社会はいま大きく変わろうとしています。急速なグローバル化や同時多発するさまざまな技術の進化がもたらす20年後、30年後の社会は、いまの社会とは全く異なる様相に違いありません。そして、その社会で暮らし、さらに次の社会を築いていく主役はまさにいまの子どもたちです。

当研究所は、これまでの博報財団の取り組みを土台に、時代とともに変容する子どもたちの声に真摯に向き合い、彼らの鋭い感性や豊かな想像力を次の社会づくりに生かしていきたいと考えています。

そのために、「子ども」「ことば」「教育」に関連する調査研究を行い、そこで発見した知見を子どもたち、学校・教育関係者、保護者をはじめ、広く世の中のみなさまに発信、共有します。子どもたちの声にとことん耳を傾けながら、私たちは、子どもに関わる大人たちとともに望ましい未来社会を描きその創造に貢献していきます。

博報財団こども研究所 所長 八木祥和

所長挨拶

研究員紹介

八木 祥和

所長

八木 祥和

1989年情報通信企業入社。1996年博報堂に入社。マーケティングプラナーとして得意先企業の市場調査や商品開発、コミュニケーションに関わる業務に従事。以降、博報堂のナレッジマネジメントの再構築の推進や、ショッパー・リテール領域を専門とするマーケティング部門の責任者などを経て、2017年4月「博報財団こども研究所」立ち上げに伴い所長に就任。東洋大学非常勤講師(2016年~)、ビジネスモデル学会プリンシパル(2016年~)。

菅原 尚志

研究員

菅原 尚志

1981年博報堂入社。流通、不動産、サービス、自動車、酒類、医薬品等、幅広い業種のサービス開発業務、マーケティング業務やリサーチ業務に携わる。2010年以降は、流通系のビッグデータの再活用システムの開発業務に従事。当研究所ではテーマ型調査研究を担当。

武井 順一

研究員

武井 順一

1985年博報堂入社。マーケティングプラナーとして、ほとんど全ての業種のクライアントを担当。市場調査・商品開発・コミュニケーション戦略・ブランド戦略等の業務に携わる。1997~2002年、2008~2013年北海道博報堂出向、マーケのみならず制作・プロモーション領域の業務に携わる。2013年調査専門部署に異動。2017年6月当研究所に異動。「こどもトライアングル調査」を担当。

武藤 有子

プロデューサー・ 広報担当

武藤 有子

1990年博報堂入社。営業職、PR職として、食品、化粧品、保険、製薬、教育等、幅広い民間企業を担当。出産後は、自身と関連の深い 少子化対策、ダイバーシティ、働き方改革等の社会テーマ型業務を担当。2012年から働くママをつなぐ共創ネットワーク「博報堂リーママプロジェクト」メンバーとして活動。「リーママたちへ 働くママを元気にする30のコトバ」「リーママザべスがあなたを救う!働くママの迷いが消える30のコトバ」(角川書店)反抗期まっただ中の息子と対峙する現役ママ所員。

原 節子

客員研究員

原 節子

銀行、シンクタンクを経て2000年博報堂入社。 グループ・企業の統合ブランド戦略立案、CI・VI開発、ブランド体系構築、統合情報コミュニケーション、インナーブランディング、組織変革等に主に携わりながら、昨今は、社会への価値創出をマルチステークホルダーで取り組むソーシャルイノベーションプロジェクト等を推進している。ブランディングやコミュニケーションの知見・スキルを活かし、子どもたちのことばの力、共に生きる力の可能性を探求すべく、客員研究員として「テーマ型調査研究」を担当。金沢工業大学客員教授。日本マーケティング協会 マーケティング・マイスター。

山田 聰

客員研究員

山田 聰

2006年に博報堂入社。オーラルケア、食品、電子機器、教育機関、地方自治体等の企業・商品のブランディング・プロジェクトに従事。アジア太平洋広告祭ヤングロータスグランプリ、グッドデザイン賞など受賞。共著書に『東大式 世界を変えるイノベーションのつくりかた』(早川書房)、『ビジネス寓話50選 物語で読み解く、企業と仕事のこれから』(アスキーメディアワークス)など。主な役職に以下。東日本大震災における内閣官房広報アドバイザー(2011)、東京大学ブランドデザインスタジオ講師(2011〜)、京都府北部地域連携都市圏クリエイティブ・ディレクター(2016〜)。

杉本 奈穂

客員研究員

杉本 奈穂

幼少期から人の心に関心があり、大学では社会心理学(学士・修士)を学ぶ。2010年に博報堂入社。消費財・精密機械などを中心にマーケティング&広告戦略立案を担当。生活者の生活実態や意識を探ることに特に関心があり、国内外(アジア中心)で多くの調査に携わる。2015年よりブランド・イノベーションデザイン局に所属。ブランディング・商品開発・教育関連活動など幅広い業務に従事。 いずれの領域においても、興味の中心が「人の意識や行動の紐解き」にあることは共通。世界中の人のことが知りたいため、英語・中国語対応可能。

PAGE TOP